ツールドフランスパン 4−2

  • 2012.06.14 Thursday
  • 10:53
・・とか思っている間に、パン屋さんに到着。


●ブーランジェリー・アルザシエンヌ


名前の通り、アルザス地方のパンやケーキがおいてあります。
また、日替わりのフルート(小さいバゲット)が人気とのこと。


レジ前に日替わりフルートが並んでいます。日曜日は、「チョリソーとパプリカ」と「アップル&シナモン」の2種。

シンプルなバゲットは今日はお休みにして、アップル&シナモンをチョイス。


指で押すと、プニっとするくらい、柔らかめでモチモチしています。お天気が今にも雨が降りそうで湿気が多かった影響もあるのかもしれませんが。

シナモンがほんのり香り、りんごのシャクっとした食感も心地よく。バゲット主体の生地なので甘みも りんごの甘みなので食事にあわせてもよさそう。

そして、アルザス地方といえば、

*クグロフ(小)

発酵菓子という位置づけではなく、完全にパン、として作られています。ふわっとしていて、軽め。レーズンが少しと、アーモンドがトッピングされています。バターも、卵も お砂糖も控えめで あっさりしているのでペロリと食べられてしまいます。

こういうクグロフは初めていただいたので、なんだか新鮮。クリスマスにいただく特別なもの、ではなくて 普段使いの菓子パンって雰囲気。気軽に食べられて良いかもしれません。

で、実は本日のパン屋は終了!

この後 エッフェル塔を見に行って→毎月1週目の日曜日は美術館無料の日であることを思い出し、オルセー美術館へ→モンマルトルの丘をのんびり散策 しました。

明日は、お昼には空港に向かわなければいけないのだけれど、どうしても行きたいパン屋さんを残しているので、早起きして行くぞ!と心に決めて、就寝。おやすみなさーい

コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Bio Lab ビオラボ

はじめまして。ビオラボと申します。Bio=有機農差物、Lab=実験室という名のごとく、目の前の畑で収穫された有機栽培小麦や有機栽培菜種を絞った油を使った食パンと焼き菓子を試行錯誤しながら焼いています。

●営業日:日曜 10:00〜16:00

素朴で素材の良さをシンプルに感じられるパンや焼き菓子が好きです。でも、ストイックな健康志向は苦手・・・なワタシが美味しいと思えるものをお試しいただけましたら幸いです。 イタリアみたいにクッキーで朝食、なんていかがでしょうか♪その日のラインナップは随時更新していきます。

※当面は店頭販売のみとさせていただきます。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM