12月の営業日とメニューについて

  • 2018.11.30 Friday
  • 20:01

あっという間に、、シュトレン本番の季節となりました。

 

・シュトレン s¥1000 R¥1900

・・・・・当店のシュトレンは、国産小麦に国産ライ麦を配合し、天然酵母でじっくり発酵させて、焼き上げています。
ドライフルーツは、リキュールに漬けたいちじく・レーズン、自家製いよかんピール、ローストアーモンドダイスにスパイスを少々。オーブンの余熱が下がってきたところで焼き始め、じっくりと1時間弱焼きます。そして、焼きあがったところでバターをたっぷりと塗りこみ、これまたたっぷりと粉糖でコーティング。こうすることによって、水分の蒸発を抑え、また、ドライフルーツのアルコール成分によって比較的保存が効くようになっています。
焼きあがってから5日以降くらいが美味しいのですが、味見のつもりで食べ始めると、ついつい食べ進んでしまって、なかなか熟成を待てません・・・☆

寒い冬。冬らしい、こっくりリッチなパンを囲みながら楽しくお過ごしください。

クリスマスまでに何度でも^^長くお楽しみくださいませ。常温で焼き上げから約3週間、また冷凍保存も可能です。ギフトに、ちょっとしたおもたせにもいかがでしょうか?可能な限り、お届け・お渡しの際にすぐにお召し上がりいただけるよう、焼き上げから3日〜2週間ほど経った物をご用意いたします。

レギュラーサイズの半分の大きさ「S」サイズは表面積が大きいためレギュラーサイズより若干甘みを強く感じます。(表面にたっぷりの粉糖でコーティングするため)・・とはいえ、甘みの感じ方も人それぞれ☆お好みでお試しいただければ幸いです。 ・・・・・

 

12月も 日曜日のみの営業  11:00〜17:00

木・土曜日は 壬生町 【Pain d’ Asuka】10:00〜売り切れ次第終了(13:30くらいのことが多いです)

 

年内は29日(パンドアスカ)まで営業、30日(ビオラボ)はお休みを頂戴いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

※ビオラボとパンドアスカでは メニュー、材料が違いますのでご了承くださいませ。

 

 

【12月の基本メニュー】

 

*パン

 

・ゆめかおり食パン(有機栽培ゆめかおり使用) ¥600 ハーフ¥300

・ライ麦食パン ¥350

・ライ麦クリームチーズあんぱん(こしあん)¥220

・ベーグル (プレーン、チーズ、チョコ、つぶあんなど)¥180〜

・オリーブフォカッチャ ¥180

 

 

 

 

*焼き菓子/有機栽培菜種の油使用のもの

 

・ビューファイバー使用 バニラシフォン ¥150

 

・オーガニックオートミールクッキー(カレンズ、ココア&チョコ入り)3種各4枚入¥250

・なたねラスク(きび砂糖の自然な甘み) ¥300

・コーンブレッド  ¥180

 

*焼き菓子/国産バター使用のもの

 

・スコーン プレーン ¥180

・スコーン (各種) ¥200

 

・シュトレン s¥1000 R¥1900

・生チョコブラウニー ¥900

 

ちょっとしたギフトにオススメの焼き菓子をいろいろご用意しております。

お日持ち1週間〜3週間ほどと持つものもございますので、気になる方は店頭にてお気軽にお声かけください☆

(パン、マフィン、スコーンは常温で3〜4日となります。冷凍すれば3週間もちます)

 

 

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

栃ナビ!さんにBio Labのページが出来ました!

http://www.tochinavi.net/spot/home/?id=16501

※ぜひ地図を 参考にいらしてくださいませ

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

どうぞよろしくお願いいたします。

11月の営業とメニューについて

  • 2018.11.03 Saturday
  • 21:29

気がつけば、、、もうシュトレンの季節がやってきております。

 

今年も11月の2週目、11月11日より、販売開始いたします☆

 

今年は、例年にも増してバターの入荷・在庫状況が厳しいです、、店頭分のご用意がたくさんはご用意できない

可能性が高いですので、出来る限りのご予約をオススメいたします。店頭にてお声かけくださいませ。

 

・シュトレン s¥1000 R¥1900

・・・・・当店のシュトレンは、国産小麦に国産ライ麦を配合し、天然酵母でじっくり発酵させて、焼き上げています。
ドライフルーツは、リキュールに漬けたいちじく・レーズン、自家製いよかんピール、ローストアーモンドダイスにスパイスを少々。オーブンの余熱が下がってきたところで焼き始め、じっくりと1時間弱焼きます。そして、焼きあがったところでバターをたっぷりと塗りこみ、これまたたっぷりと粉糖でコーティング。こうすることによって、水分の蒸発を抑え、また、ドライフルーツのアルコール成分によって比較的保存が効くようになっています。
焼きあがってから5日以降くらいが美味しいのですが、味見のつもりで食べ始めると、ついつい食べ進んでしまって、なかなか熟成を待てません・・・☆

寒い冬。冬らしい、こっくりリッチなパンを囲みながら楽しくお過ごしください。 

クリスマスまでに何度でも^^長くお楽しみくださいませ。常温で焼き上げから約3週間、また冷凍保存も可能です。ギフトに、ちょっとしたおもたせにもいかがでしょうか?可能な限り、お届け・お渡しの際にすぐにお召し上がりいただけるよう、焼き上げから3日〜2週間ほど経った物をご用意いたします。 

レギュラーサイズの半分の大きさ「S」サイズは表面積が大きいためレギュラーサイズより若干甘みを強く感じます。(表面にたっぷりの粉糖でコーティングするため)・・とはいえ、甘みの感じ方も人それぞれ☆お好みでお試しいただければ幸いです。 ・・・・・

 

11月も 日曜日のみの営業  11:00〜17:00

 

木・土曜日は 壬生町 【Pain d’ Asuka】10:00〜売り切れ次第終了(13:30くらいのことが多いです)

 

でお待ちしております。

※ビオラボとパンドアスカでは メニュー、材料が違いますのでご了承くださいませ。

 

 

【11月の基本メニュー】

 

*パン

 

・ゆめかおり食パン(有機栽培ゆめかおり使用) ¥600 ハーフ¥300

・ライ麦食パン ¥350

・ライ麦クリームチーズあんぱん(こしあん)¥220

・ベーグル (プレーン、チーズ、チョコ、つぶあんなど)¥180〜

・オリーブフォカッチャ ¥180

 

 

 

 

*焼き菓子/有機栽培菜種の油使用のもの

 

・ビューファイバー使用 バニラシフォン ¥150

 

・オーガニックオートミールクッキー(カレンズ、ココア&チョコ入り)3種各4枚入¥250

・なたねラスク(きび砂糖の自然な甘み) ¥300

・コーンブレッド  ¥180

 

*焼き菓子/国産バター使用のもの

 

・スコーン プレーン ¥180

・スコーン (各種) ¥200

 

・シュトレン s¥1000 R¥1900

・生チョコブラウニー ¥900

 

ちょっとしたギフトにオススメの焼き菓子をいろいろご用意しております。

お日持ち1週間〜3週間ほどと持つものもございますので、気になる方は店頭にてお気軽にお声かけください☆

(パン、マフィン、スコーンは常温で3〜4日となります。冷凍すれば3週間もちます)

 

 

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

栃ナビ!さんにBio Labのページが出来ました!

http://www.tochinavi.net/spot/home/?id=16501

※ぜひ地図を 参考にいらしてくださいませ

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

どうぞよろしくお願いいたします。

10月の営業日とメニューについて

  • 2018.10.06 Saturday
  • 16:50

10月になりました。

 

10月も

日曜日のみの営業  11:00〜17:00

 

木・土曜日は 壬生町 【Pain d’ Asuka】10:00〜売り切れ次第終了(13:30くらいのことが多いです)

 

でお待ちしております。

※ビオラボとパンドアスカでは メニュー、材料が違いますのでご了承くださいませ。

 

【10月の基本メニュー】

 

*パン

 

・ゆめかおり食パン(有機栽培ゆめかおり使用) ¥600 ハーフ¥300

 卵、油脂、無添加。お粉の薫りを存分に楽しんでいただける もっちりやわらかい食パンです

 翌日以降は強めにトーストすると カリッともっちりしますので、ぜひ。

 

<原材料>有機栽培ゆめかおり、国産小麦、てんさい糖、天然塩、ホシノ酵母

 

・ライ麦食パン(ミニサイズ) ¥350

 

・クリームチーズあんぱん(こしあん)¥220

 こしあんと クリームチーズを包んで焼き上げました。

 意外な組み合わせながら、甘じょっぱさで大人気です☆

 

<原材料>有機栽培ゆめかおり、国産小麦、てんさい糖、天然塩、ホシノ酵母、こしあん、クリームチーズ

iPhoneImage.png

 

・ベーグル (プレーン、チーズ、チョコ、つぶあん、クリームチーズペッパーなど)¥180〜

 ホシノ酵母で長時間発酵させた、ひきの強いベーグルです。焼き色がしっかりついていて、香ばしいものが私の好みなので 他のベーカリーのベーグルさんより こんがりしています。

 

<原材料>有機栽培ゆめかおり、国産小麦、きび砂糖、天然塩、ホシノ酵母

 

・オリーブフォカッチャ

 オリーブオイルを練りこんだやわらかい生地に、グリーンオリーブをたっぷり混ぜ込んでいます。表面に岩塩をふりかけていますのでそのままでの美味しくお召し上がりいただけます。サンドイッチにしても美味。

 

<原材料>有機栽培ゆめかおり、国産小麦、天然塩、ドライイースト、牛乳、オリーブオイル、グリーンオリーブ

iPhoneImage.png

 

 

 

*焼き菓子/有機栽培菜種の油使用のもの

 

・ バニラシフォン ¥150

 

<原材料>卵、ビューファイバー、国産小麦、きび糖、菜種油、

 

・オーガニックオートミールクッキー(カレンズ、ココア&チョコ入り)各4枚入¥250

 さくさく、かりかり、食感が楽しいクッキーです。素材の良さをダイレクトに感じていただけるかと思います。

 お日持ち2〜3週間OKですので、ちょっとしたおもたせにも人気です。

 

iPhoneImage.png

 

・なたねラスク(きび砂糖の自然な甘み) ¥300

 当店の食パンを使用し、お隣さんで絞った有機栽培菜種の油+きび砂糖でシンプルに焼き上げたラスクです。

 カリカリとしたしっかりした食感と、胃もたれしない!と人気です。

・なたね塩ラスク(ハーブソルト風味)¥300

 夏に人気の塩系 スナックラスク。ビールのお供に♪

iPhoneImage.png

・ コーンブレッド  ¥180

とうもろこしのお粉の甘みと、

 ぽろっとしたクセになる食感です。

iPhoneImage.png

 

 

*焼き菓子/国産バター使用のもの

 

・スコーン プレーン ¥180

・スコーン (レーズン、キャラメルなど) ¥200

パンドアスカと唯一共通のメニューです。

表面はざくっと しっかりした歯ごたえ、内側はしっとりめに仕上げています。

時間がたって全体的にしっとりとしたものも、それはまた美味しいですが、

お好みでトーストするとカリッとしますよ♪

 

iPhoneImage.pngiPhoneImage.png

 

・生チョコブラウニー ¥900

濃厚に仕上げた、ほぼチョコレート!な一品です。

薄めにスライスして、そのままでも、すこーし温めると とろっとします。

コーヒーにはもちろん、ワインにも合うんです。

iPhoneImage.png

 

 

・パウンドケーキ 気まぐれで中身は替わります 1本 ¥1500〜

 

ちょっとしたギフトにオススメの焼き菓子をいろいろご用意しております。

お日持ち1週間〜3週間ほどと持つものもございますので、気になる方は店頭にてお気軽にお声かけください☆

(パン、マフィン、スコーンは常温で3〜4日となります。冷凍すれば3週間もちます)

 

 

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

栃ナビ!さんにBio Labのページが出来ました!

http://www.tochinavi.net/spot/home/?id=16501

※ぜひ地図を 参考にいらしてくださいませ。またグーグルマップにも記載しております。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

どうぞよろしくお願いいたします。

9月30日 台風に伴う営業時間短縮について

  • 2018.09.29 Saturday
  • 19:45

台風がまたまた近づいてきております。

天気予報とにらめっこしておりますが、30日は時間を短縮して営業させていただきます。

 

11:00〜15:00まで。

 

短時間の営業となりましてご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

9月の営業日など

  • 2018.09.07 Friday
  • 23:13

長期の夏休みを頂戴いたしまして、ありがとうございました。2週間 ドイツを中心に9都市 一人旅をしてまいりました。お土産にドイツのシュトレンやパンを持って帰ってきておりますので、数量限定、なくなり次第終了で店頭にて試食ご用意いたします☆ぜひお味見してみてくださいね〜!またドイツの詳細の模様は時間をみてこちらのブログにてアップしてこうと思っております。お時間ある方は、どうぞ覘いてみてくださいね☆
 

さてさて、9月9日より通常モードで営業させていただきます。

 

日曜日のみの営業  11:00〜17:00

 

木・土曜日は 壬生町 【Pain d’ Asuka】10:00〜売り切れ次第終了(13:30くらいのことが多いです)

 

でお待ちしております。

※ビオラボとパンドアスカでは メニュー、材料が違いますのでご了承くださいませ。

 

【9月の基本メニュー】

 

*パン

 

・ゆめかおり食パン(有機栽培ゆめかおり使用) ¥600 ハーフ¥300

 卵、油脂、無添加。お粉の薫りを存分に楽しんでいただける もっちりやわらかい食パンです

 翌日以降は強めにトーストすると カリッともっちりしますので、ぜひ。

 

<原材料>有機栽培ゆめかおり、国産小麦、てんさい糖、天然塩、ホシノ酵母

 

 

・クリームチーズあんぱん(こしあん)¥220

 こしあんと クリームチーズを包んで焼き上げました。

 意外な組み合わせながら、甘じょっぱさで大人気です☆

 

<原材料>有機栽培ゆめかおり、国産小麦、てんさい糖、天然塩、ホシノ酵母、こしあん、クリームチーズ

iPhoneImage.png

 

・ベーグル (プレーン、チーズ、チョコ、つぶあん、クリームチーズペッパーなど)¥180〜

 ホシノ酵母で長時間発酵させた、ひきの強いベーグルです。焼き色がしっかりついていて、香ばしいものが私の好みなので 他のベーカリーのベーグルさんより こんがりしています。

 

<原材料>有機栽培ゆめかおり、国産小麦、きび砂糖、天然塩、ホシノ酵母

 

・オリーブフォカッチャ

 オリーブオイルを練りこんだやわらかい生地に、グリーンオリーブをたっぷり混ぜ込んでいます。表面に岩塩をふりかけていますのでそのままでの美味しくお召し上がりいただけます。サンドイッチにしても美味。

 

<原材料>有機栽培ゆめかおり、国産小麦、天然塩、ドライイースト、牛乳、オリーブオイル、グリーンオリーブ

iPhoneImage.png

 

 

 

*焼き菓子/有機栽培菜種の油使用のもの

 

・ バニラシフォン ¥150

 

<原材料>卵、ビューファイバー、国産小麦、きび糖、菜種油、

 

・オーガニックオートミールクッキー(カレンズ、ココア&チョコ入り、ゴマ)各4枚入¥250

 さくさく、かりかり、食感が楽しいクッキーです。素材の良さをダイレクトに感じていただけるかと思います。

 お日持ち2〜3週間OKですので、ちょっとしたおもたせにも人気です。

 

iPhoneImage.png

 

・なたねラスク(きび砂糖の自然な甘み) ¥300

 当店の食パンを使用し、お隣さんで絞った有機栽培菜種の油+きび砂糖でシンプルに焼き上げたラスクです。

 カリカリとしたしっかりした食感と、胃もたれしない!と人気です。

・なたね塩ラスク(ハーブソルト風味)¥300

 夏に人気の塩系 スナックラスク。ビールのお供に♪

iPhoneImage.png

・ コーンブレッド  ¥180

とうもろこしのお粉の甘みと、

 ぽろっとしたクセになる食感です。

iPhoneImage.png

 

 

*焼き菓子/国産バター使用のもの

 

・スコーン プレーン ¥180

・スコーン (レーズン、キャラメルなど) ¥200

パンドアスカと唯一共通のメニューです。

表面はざくっと しっかりした歯ごたえ、内側はしっとりめに仕上げています。

時間がたって全体的にしっとりとしたものも、それはまた美味しいですが、

お好みでトーストするとカリッとしますよ♪

 

iPhoneImage.pngiPhoneImage.png

 

・生チョコブラウニー ¥900

濃厚に仕上げた、ほぼチョコレート!な一品です。

薄めにスライスして、そのままでも、すこーし温めると とろっとします。

コーヒーにはもちろん、ワインにも合うんです。

iPhoneImage.png

 

 

・パウンドケーキ 気まぐれで中身は替わります 1本 ¥1500〜

 

ちょっとしたギフトにオススメの焼き菓子をいろいろご用意しております。

お日持ち1週間〜3週間ほどと持つものもございますので、気になる方は店頭にてお気軽にお声かけください☆

(パン、マフィン、スコーンは常温で3〜4日となります。冷凍すれば3週間もちます)

 

 

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

栃ナビ!さんにBio Labのページが出来ました!

http://www.tochinavi.net/spot/home/?id=16501

※ぜひ地図を 参考にいらしてくださいませ。またグーグルマップにも記載しております。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

どうぞよろしくお願いいたします。

ブンデスリーーーーーガ!! 9/1

  • 2018.09.01 Saturday
  • 21:37

・・・カレンダーの8月21日から9月1日までをポチポチとしていただけると、日々の日記がでてきます・・・

 

ドイツ旅も気がつけば最終日。明日の朝には空港に向かうので、フランクフルトでドイツ旅もいよいよ さいごの一日です。

期間的にちょうどよかったな〜と思いながら、の最終日なので、名残惜しい気持ちもありつつ、ちょっとすがすがしいくらいの気持ちで迎えた最終日。

 

もともとは、ライン川下りをする予定でフランクフルトにホテルをとったのですが、お城も、教会も、乗り物にもちょっと、、、飽きてきてしまったのです。どうしましょう〜

 

とりあえず昨日、全くフランクフルトの街中を歩けていないので、中央駅前のホテルから街の中心部 レーマー広場を目指して歩いてみます。

 

欧州中央銀行前を通過〜

すると マーレ広場から ものすごく騒がしい音が!!何の騒ぎ?!と現場へ急行するとどうやら、サッカーファンの集会!ざっと100人以上!わーわー おぅおぅ!!やっております。すごい声のボリュームで、圧倒されてしまいます。

 

というのも、ワタシがこの2週間で抱いていたドイツ人の印象は「おとなしい」。

一人旅なので、食事中にしても周りを観察してしまうことが多いのですが、お食事の間 始終おしゃべりに花を咲かせているフランス人やイタリア人とは明らかに違う印象で、、、静か。電車の中でも大声で話している人もほとんどいなかったような。

ですので、どうした!?!という驚きがありました(笑)

 

騒ぎの後の残骸、、、ひどいw

 

サッカーに熱いお国柄だとは聞いていましたが、ここまでだとは!!

はて、この様子だと今日は試合があるのかしら??と思い立ち調べてみると、15:30キックオフで、長谷部誠選手属するアイントラハト・フランクフルトのホームでの試合があるではないか〜!えーー!!観てみたい!!!

 

当日券について調べてみると、試合によって出たり、出なかったり、、するらしいのですが、行かないことには分からない!!とりあえず、だめもとで行ってみることに。現在11:30。

 

駅のスタンドで腹ごしらえをしてから向かってみます。このウインナーがまた、美味しかった☆パンは紙ナプキンの替わりですか?!というくらい小さいですがw軽いながらも味のあるパンで、マスタードだけで十分に美味しい。ウインナーの種類も6種類くらいあったので、全部食べてみたくなってしまいます。

 

地下鉄で、意外と近くて30分くらい 最寄の駅に到着です。

 

キックオフまで3時間以上あるのに、すでにたくさんの人がいて、ビールを飲みながら盛り上がっています。警察官もすでにたくさん待機w

 

駅から10分ほど緑の一直線の道を歩くと、、、

アリーナ!ここから先はすでにチケットがある人しか入れません

 

どうやらここが当日券売り場のよう。閉まっています。

 

当日券について調べを進めてみると、キックオフの3時間前に売出しが始まらなければ、チケットは完売、当日券はない、ということらしいのです。

現在、12:30、、、どうかしら、、、どきどき

 

あ 開きました!!やった!チケットあるみたいです!!

 

しかーし、不安要素がもう一つ。この日はドイツ滞在、最終日。実は ワタシのユーロ現金の持ち合わせは€50、、w

カードが使えないと厳しいかも、、しれません。だめなら仕方ない〜 と割り切って列に並びます。

 

いよいよ、窓口へ。カードが使えないことが判明(涙)

ワタシ:「現金がこれしかないのですがー、、、」と€50を差し出す

窓口のイケメン:「チケットは一枚でいいのかな?だったら 全然問題ないよ!」

ワタシ:よかった〜!

窓口の彼:「席が後ろのこのあたりが €42、前の席で €35。どっちがいい?」

ワタシ:「安いほう。。」(でも、、ん???席が前のほうが安いって、、、もしかして、、、)で出た言葉が「で、デ、デンジャラスシート??」

笑、、、われながらなんのこっちゃ なのですが、フーリガン的な人々にもみくちゃにされる画が浮かんでおりました(笑)

窓口の彼:「あはは! のーーーん! そんなことないよ☆大丈夫☆」

 

というわけで、無事に最安値のチケットをゲット!!やった〜〜!

 

ちなみに、ワタシは日本でもほとんどサッカーをみたことがありません(汗)

そんなサッカーファンでもないのに、、ブンデスリーガ観られることになっちゃった〜♪ビールで乾杯!w

 

せっかくなので、ちょっと早めの1時間前にスタジオの中に入ってみます。わー、広いです!!

ひとまず 席を確認です。

!?!?

えっ?!?!最前列!!??まさか?!

 

お隣さんに席の確認をすると、やはりここで合っているという!なぜに??お安かったのに??

聞いてみると、どうやらこのゾーンは年間シート用の席だそうで、自分がいかれない日に当日券として販売することがあるという。どうやらラッキーなことにそのおこぼれに与れたようなのです。なんという幸運!!もう、これだけで来た甲斐があったというものです。

 

試合開始45分前くらいから、選手のウォームアップが始まります。長谷部いるかな〜☆

お隣さん(みんな年間シート所持のつわものたち)に「長谷部選手 観たいなぁ」と言ってみたら、「おー、先週怪我しちゃったから、今日は厳しいかも」ですって(涙)そんなことも知らずにこの席にいて ごめんなさーいw

 

お隣さん:「でも!!ほら、大迫選手がいるよ!!あっちの前から3番目!」

そう、この日は対戦チームに 大迫選手が!! すごい!!

!!

チームのキャラクター、イヌワシくん。ゆるキャラとかじゃなくて、ホンモノの犬鷲w いろいろなことに驚きの連続ですw

 

いよいよキックオフ☆

やっぱり近いです 迫力が〜!

選手の迫力に負けずに すんごい迫力なのが、応援団!!動画が埋め込めないのが残念です、、

応援団をも間近に観られて、圧倒されてしまいます。なんというか、カラダが大きいぶん、声も大きくでるのですね!?

とにかくボリューム満点です。歌って、旗を振って、手を振って〜と、その熱量に感動を覚えるほど。

 

いろんなことにキョロキョロしている間に、なんと、大迫選手が先制点!!おおさこはんぱなーーーい!!

でもこの席では、はんぱないアウェー、、、おとなしくココロの中で拍手を送りました。

 

みなさん、なにせ選手を見る目が真剣なのです。

ハーフタイムは、あっさりとみんな外に出て、軽食を楽しみます。ワゴンもたくさんあって、ちゃんと時間に間に合うのです。心配していたトイレもたいした混雑もなくスムーズで一安心です。

 

大きなチーズプレッツェル

 

今日の はせべサン・・・デポジット形式のカップ

 

残念ながら、長谷部選手はやはり居ず、そしてこの日のフランクフルトは負けてしまいましたが、それでも最後は選手に温かい拍手を送って気持ちよく試合が終わりました。

なんだか、とっても温かく、高揚した気持ちで会場を後にします。

 

サッカーの年間観客動員数世界一が、ドイツなのだそうです。この日も4万人の会場が満員でした。こんな素晴らしいリーグで日本人先週が活躍しているって、本当にすごいな、誇らしいな、スポーツって素晴らしいな、なんて柄にもないことを思ったのでした。

 

あー!!楽しかった!ドイツの最後にステキな思い出できました。

 

そして不思議なのですが、4万人も収容していたはずなのに帰路もスムーズで、もみくちゃになることなんて全くなく、もちろん満員電車なのですがそこまでぎゅーぎゅーにもならずにフランクフルトまで戻ることができました。ドイツで混雑にいらいらしたこともないし、人ごみがいやになったこともないし、、人が多くても余裕の持てる国なのです。すべてのサイズ感が広々としている(シャワールームを除くw)からでしょうか。道もひろい、自転車レーン完備、電車の車内のサイズも広々、ホームもゆったり。。パーソナルスペースも広いから満員電車も日本のものに比べたら満員具合70%ってところでしょうか。

 

というわけで、かなり偏ったワタシの体験 in ドイツですが、行ったことによって抽象的なイメージだけの「ドイツ」が、具体的な色や形をもった、という感覚が自分の中にはあります。だから、旅はやめられない!と楽しさを再確認しました。

 

ドイツは・・・

・ビールとウインナーが最高に美味しい!

・ざっくり とても、いい国、なんか大人・成熟した感じがする、合理的、キレイで清潔=快適です

・鉄道での旅がオススメ・・便利でリーズナブル、わかりやすい

・緑が多くてキレイな街が多い、道も広くてよく整備されている

・お家と車にお金をかける、衣類と食べ物にはお金かけない(ように見えましたw)

まだまだ出てきそうですが、ざっくりとこんな印象が残りました。

皆さまもぜひ機会がありましたらドイツへ行ってみてください〜☆

 

今後、、、具体的にどう仕事に、パンに生かせるかはわかりませんが(っていうか、フランスと比べてあまりパン食べてないですよね 汗)、、よろしくお付き合いくだされば幸いです。  おわり

 

 

 

フランクフルト de 温泉 8/31

  • 2018.08.31 Friday
  • 16:38

ローテンブルグが名残惜しいので、朝起きて、もう一度 街へ。

 

聖ヤコブ教会 ステンドグラスも見事です

「聖血の祭壇」

 

んー、ヨーロッパに行くと、観光名所の中に必ず教会が入ってくるわけですが、いまいちキリストにまつわる歴史を理解していないため、これが何なのか?がよくわからずに「おー、すごい彫刻!」レベルの感想な自分が残念です(笑)

ローテンブルクの思い出に くまちゃん。

 

さてと、旅の最終目的地、フランクフルトに戻りますか〜

 

14時くらいに フランクフルトに到着です。フランクフルトは市内であまり観たいものがなかったので、ガイドブックではなくネットで情報収集をしたところ、フランクフルト駅からSラインで50分くらいのところに ドイツでも歴史ある温泉の街があるという!

「Wiesbaden」、そこに歴史あるテルメがあり〜、なんと、それが男女混浴、しかも水着着用禁止 ネイキッド温泉だという〜。わお〜〜、なんか、、、異文化って感じがする〜〜と思って興味深々にw

どうやら、ドイツのサウナは男女共用のことが多いらしく、そこまで珍しいことではないみたい?ただ、スパ併設のところは水着ゾーンとネイキッドゾーンに分かれていたりと、施設によっていろいろみたいです。

 

んー、ちょっとどきどきしちゃう〜、、でも、、別にワタシのことを知っている人は一人もいないわけだし!! 不安<興味 ・・というわけで れっつごー!行ってみることにしました。

 

想像していたよりも10倍!?は大きい立派な駅! どうやら大きな街のようです

駅の中にあった パン屋さんのスタンド。ここもビオパン専門店。

ここでいただいた、ぶどうパンも、こちらのシナモンレーズンも とても美味しかった!!

美味しいパンにテンションがあがりつつ、テルメ目指して徒歩20分。本当に立派な街で、駅の前に大きな公園があり、教会があり、その広場を中心に商店街があり、全くたいくつせずに歩けました。

街もにぎわっていて、人で溢れています。なんだか 安心します

これです!!

気後れするほど 立派な建物。

エントランス

入口で、水着着用禁止なことが確認されますw

システムは1時間ごとに5ユーロ(季節によって違うみたいです)。入口から男女一緒で、脱衣所も一緒。脱衣のための個人スペースがありそこで着替えをしてもよし。トイレ、シャワールームは男女別にありまして、そこから 浴場へ出ます。

事前にネットで日本人の方が書いている体験記を読むと、隠している人はほとんどいない、恥ずかしそうにしているから恥ずかしいのだ、なんて書いてあったのですが、結構みんなタオル巻いているし、慣れている人はローブとサンダル持参していました。

 

サウナがドライで温度違いでいくつかと、ミストサウナ、水風呂(プール並みに大きい)、氷水がでるシャワー(!?)、シャワー、温水2つ、ありました。

ドイツの温泉は、サウナメインで あとは水風呂、温泉の温度はかなりぬるめ、というところが多いそうなのですが、ここは、40度くらいの温泉もあって 気持ちいい〜☆久しぶりの大きなお風呂です。

 

おじ様、若いカップル、サラリーマンと思われる男性たち、などで賑わっていますが、そこまでの人ごみではないため、温泉は時間帯によって一人で貸切できてしまうほど。なので、人に合うこと自体が少ないので、恥ずかしさもそこまでではなく。平気なふりをしていれば平気です☆でも、んー、ワタシならカップルで来るのは ちょっと恥ずかしいかも〜w

 

サウナもゆっくり入って、ささっと着替えてちょうど1時間くらいで満足でした。ちょっと勇気がいったけれど、思い切っていってみてよかったです。日本で体験できないものを体験できるのは、やはり楽しいです。(でも日本にも男女混浴野天風呂ってあるみたいですね?!)

 

 

 

 

 

エコベーカリーとローテンブルグ 8/30

  • 2018.08.30 Thursday
  • 15:56

アウグスブルグにホテルをとったのには、訳がありまして。

1998年から、完全ビオのパンを販売しているパン屋さんがあり、隣接したカフェでパンビュッフェがいただけるという!これをぜひ朝食にいただいたいと思ったわけであります。

 

場所的に、地元の方は車で行くのだろうなぁ〜というアクセスの悪い場所だったのですが、バスと徒歩でアウグスブルグ駅から40分ほどかけて、お店へ。

 

ビール醸造所もまたレンガ造りでステキ〜☆この醸造所の敷地内にパン屋さんもあるんですって。広い!

古代のパンはビール酵母から作っていたことを思い起こさせますね〜

ベッカライ・シューベルト&カフェ・ヒンメルグリューン

 

きょ、

巨大な建物!

テイクアウト用、ベッカライ

 

広々としたカフェスペース。何かしらのフードをオーダーすれば、パンの食べ放題がついてくるシステムです。

スペルト小麦のパン、シード類がたっぷりついたパンたちをセルフで切り分けます。

おなじみ、豪華朝食セットをオーダーして、、パンたくさん☆

みっちりとシードが詰まったパンが美味でございます。今まで食べてきたドイツのパンの中でもみっちりした印象。

これだけの種類のパンを、ビオ100%で作れるなんて、すごいです。日本では難しいですね、、できたとしても価格がかなり高くなってしまいます。

 

ビオ先進国のドイツですが、食の安全に対する意識が急激に高まったのは、1986年のチェルノブイリ原発事故が発生した後だそうで、、このころを境にエコ・ベーカリーが増えてきたのだとか。

日本では2020東京オリンピック開催に向けて オーガニックフードへのニーズが高まるのでは?と期待しているようですが、どうでしょう。どうしていまいち広まらないのか、ワタシなりに、特にビオラボをやるようになってから考えているのですが、、、

 

まずは、農作物の作り手の側からすると、日本の気候が無農薬にはむずかしい、ということが大きい要素のひとつで。高温多湿になりがちな日本では、病害虫による被害がどうしても大きくなりがちで、農薬なしで安定した収量を確保するのが難しい。なので、海外のやり方をそのまま適用してもうまくいかないことが多いんですって。

あとは、消費者がお野菜の大きさや形、見た目にこだわりすぎる、というのもありますよね。最近は捨てられずに「わけあり」として安く流通することもありますが、そもそもカタチが悪いのもは、安くて当たり前、ではなくて無選別にして農家さんの手間を軽減させることによって、全体としての利益を上げていく、というような構造にしていったほうがいいのかな、なんて考えています。

 

あとは、やはり、美味しくないと続かない、ということでしょうか。自分自身もパンの材料を選択する上で、ビオであることを第一に今は選んでいるわけではなく、美味しさを一番に選択しているので、、、どうしてもビオ100%ということにはならないんですよね。。100%にする選択をするには、強い哲学みたいなものが必要で、今の自分にはまだそこまでの覚悟がないともいえるので、自分自身もまだまだ発展途上です。

 

だんだん話がずれてきてしまいました。

そんなことを考えながら、朝食をとり、、この日は、楽しみにしているロマンチックな街「ローテンブルグ」へ向かいます。

 

RBで乗り換え2回で2時間半、【ドイツで一、二を争う人気の観光地】【ロマンチック街道のハイライト】【中世にタイムスリップしたような町並み】だというローテンブルグへ到着です。

駅前のホテルに荷物をおいて、徒歩5分ほどで、市内の入口へ。

 

街全体が10世紀から城壁に囲まれていて、現存するものは12〜14世紀のものだそう!!

内側から見ると、こんな風になっていて、階段と通路完備、監視の塔にもつながっていました。この壁に囲まれていた市で450年にもわたり、自治政治が行われていたという独特の文化をもつ都市。

 

わ〜〜!!お、おもちゃみたいなお家ばかり〜☆どのお家もカラフルで、窓にきれいなお花がいっぱい飾られていて、夢の国、、テーマパークかと思うほど!!どこを撮っても絵になるし、歩いているだけでウキウキしてしまいます♪

 

街を一望すべく、市庁舎の塔へ登ります。これが、、今までで登った塔の中で一番すごかった!んです。

最後に登るのは、ほぼ垂直の階段

この狭い穴から、展望台に出ますw

ちょっとカラダの大きな人は、本当にハマッテしまうのではないかと思って見ていたのですが、、意外と人間のカラダって通るんですね〜笑 そして、ほっそい通路から眺める光景が〜

おおおおぉ〜!やっぱりオモチャみたいなお家が並んでいます♪大きさも揃っているから、尚更そう見えますよね。

展望台では 光景を目に焼けつけたくて、わりとゆっくりすることが多いのですが、この塔は小さいからなのか、本当に怖くてw1周してすぐに降りました。でも登ってよかった♪高所恐怖症なのですが、塔ははずせませんw

 

さてと。名物のお菓子でもいただきながら、一息つくことにしましょう〜

 

シュネーバル

リボン状の生地が丸くまとめられ揚げてあり、粉砂糖がかかったもの

いろいろなフレーバーのチョコレートがかかったタイプもあります。カラフルで、丸いので見た目もかわいらしい☆

 

いただいてみると、本当に揚げてありますか??(ガイドブックに書いてあっただけでお店の人に聞いたわけではないです))

というくらい、油っけがない。バターの風味のしないパイのような、、硬めのシュー生地のような、、、甘みもかなり控えめなので素朴な味なので、確かにチョコレートコーティングも合いそうです。生地がボロボロと落ちますので、ぼんやり食べていると洋服が大変なことに〜w

 

ほかにも、この街には、ロマンチック〜!!と思えるものやお店がたくさんあって、一年中クリスマスグッズを扱っているお店や(品揃えが半端なーい、見ているだけでテンションがあがります)、テディベアー専門店も2店も。

 

 

日本ではあまりお目にかかれない、ハーマンのレアなベアーちゃんもたくさんいました♪

 

夜は、夜警ガイドのジョージさんのツアーに参加。

マルクト広場に100人以上のひとだかり。

街をみんなでぞろぞろ〜と移動しながら、街の歴史について面白く語ってくれます。

今もこの中世の古い街に1万人が住んでいること、お家によっては12世紀から同じ家系で引き継いで住んでいること、だったり、ワタシの低い英語理解力でも楽しめるような楽しいお話でした。

ボランティアガイドだと思っていたので、最後に好きな金額を入れるシステムかな〜と思っていたら「8ユーロ以上でお願い」なんていわれて、少々びっくりw ちなみにDVDも出していてなかなかの商売上手、というか、実際にすごい人気でびっくりでした。

 

駅のすぐ近くに大きくて、キレイで、お安いスーパーがあり。なるほど、これなら住むのにも住みやすそうです。

 

ローテンブルグ、ステキな街でした

ザルツブルグ 8/29

  • 2018.08.29 Wednesday
  • 13:27

この日は、アウグスブルグにホテルをとっていたので、アウグスブルグ観光をする予定でいたのですが、どうもそこまで観るところがなさそうだ、、、というリサーチ結果になり、ザルツブルグまで足を伸ばすことにしました。

 

ザルツブルグまではRBで1時間30分くらい。音楽の都・・・モーツァルトの出生の地として、また映画サウンドオブミュージックのロケ地として有名です。

 

観光の出発も モーツァルト広場から。ちなみに、ザルツブルクの観光には「ザルツブルクカード」というオトクなカードがあって、24時間有効で€28(48Hとかもあり)、市内公共交通機関乗り放題だけでなく、主な観光地がほとんど無料!なのです。ワタシは、正味5時間くらいしか滞在しませんでしたが、十分に元がとれましたよ〜☆

 

さてさて、駅のある新市街からバスで川を渡り、旧市街へ。

 

モーツァルトさんにご挨拶。すぐ目の前に、レジデンツ広場を囲むようにレジデンツ、ザルツブルク大聖堂、博物館が並んでいます。

むむっ?警察がたくさん駆けつけています。何かあるのかしら〜?

ザルツブルク大聖堂にはヨーロッパ最大級のパイプオルガンがあり、ここで13歳のモーツァルトが音楽家としてのキャリアをスタートさせたのだとか。

こんなに大きなパイプオルガンで、こんなにも大きな空間を満たす演奏を13歳の子供ができるなんて、、まさに「天才」のなせるわざ。すごいなぁ〜

 

見ごたえのある大聖堂博物館や、レジデンツを見た後は、ケーブルカーでホーエンザルツブルク城へ向かいます。

 

なぞの金の玉、、その上に見えるのがお城です。ケーブルカーでひとっとび!

街を守るため、戦いのためのお城ですね

お城からの眺めは やはり素晴らしい〜☆

ドイツとはまた一味違う風景です。そういえば屋根が赤くないですね。

お城の敷地内には、街を一望できるカフェ、レストランがあり、またマリオネット博物館と武器博物館や教会などもあり、見所満載でした。

 

本当は、ザルツブルグで一番楽しみにしていたのが。。。

サンクトペーター教会・修道院のパン屋さん!!

な、なんと、定休日、、、そうでした、、予定をずらしたばかりに、、(涙)すっかり定休日のことなど忘れていました、、

昔は、すぐ横にある水車で粉を挽き、パンを焼いていたのでしょう。きっと美味しいパンだったのでしょう(涙)

 

あーあ、やっちまった、大失敗〜としょんぼりしながら、でもパンが食べたいの。というわけで探しました!

 

久しぶりのシーフードにありつけて♪海老バーガー♪軽く薄いクラストのバゲット風パンで美味。

モーツァルトの生家を眺めながらいただきます。

もちろん、生家の中にも入りましたよ〜

街一番の繁華街 ゲトライデ通りの真ん中くらいのところにある、黄色の壁のここ!がモーツァルトの生家。

オルガンの複製や楽譜などがみられます。

こんな雰囲気のある小路がたくさんあるのも ザルツブルクを歩く楽しみですね。

名物のモーツァルトクーゲルというチョコレート(ピスタチオペーストに、チョコレートが何層にもなっているトリュフチョコでなぜにこれがモーツァルトなのかよくわかりませんが、、)を物色しながらザルツブルグを後にすることにします〜。

 

ザルツブルクには世界的にも有名なマリオネット劇場があって、この日は、上演自体がなかったのですが、機会があればぜひ見てみたいなーと思いました。

 

ザルツブルグから、ミュンヘンに戻り、駅で荷物をピックアップして、アウグスブルグのホテルまで再び30分ほどICEにのり、ホテルへ。ドイツ滞在で初めての雨が降り始め、明日の朝のお天気が心配、、なんて思いながらの就寝です。

 

 

 

 

ノイシュバンシュタイン城 8/28

  • 2018.08.28 Tuesday
  • 23:19

正直、ワタシはそこまで お城が好きなほうでありません。(もちろん嫌いなわけではないです)

ですので、ドイツでも人気の高いノイシュバンシュタイン城も、興味がないわけでないけれど、、シンデレラ城のモデルと言われているなんて惹かれるけれど、、なんとなくハードルが高いところなのでした。(たいていちょっと遠いし、、アクセスが悪いのも難点、、)

 

でも、朝起きて、なぜか「よし!せっかくだから行ってみよう!」という気になり、ノイシュバンシュタイン城を目指すことにします。RBで2時間 Fussen駅からバスで10分のところに 城のチケット売り場があります。そのチケット売り場から再びバスで10分、もしくは馬車で20分、もしくは徒歩で40分 山を登ったところにお城の入口があります。

 

世界有数の観光スポットのシステムはなかなか複雑、、まずもって、城は自由に見学できません。20人くらいのツアーでガイドの説明を聞きながら30分で周ることになっています。なので、スタート時間の決まったチケットを購入することになります。混雑の状況によるわけですが、ワタシが行った日は、2時間後にスタートのチケット。

それまで、チケットセンターのある城の麓でゴハンを食べたり、お散歩して時間をつぶすことに。

 

あれだー!お城がすでに見えます〜!

街をぷらぷらしていると 突如 エルプ湖現る。穏やかでキレイな湖に白鳥の親子が!!

っていうか、白鳥ってこんなに大きかった?!とビックリするほどの大きさのお母さん白鳥。お城の麓の湖に 白鳥がたくさんいるなんて なんだかロマンチックです。

 

しばらく湖でのんびりし、バスで城の麓に移動します。その停留所からすぐのところにマリエン橋があり、そこから唯一城の全貌が見えるとのこと。

 

ひいぃぃぃぃ〜〜

なんつーところに城造ってるんですかー?!

足元の橋は つり橋でゆれるし、谷だし、怖すぎますw

 

シンデレラ城かどうかは よくわかりませんが、、、、美しい。

 

橋から徒歩10分ほどでお城の入口

このモニターに入場券の番号が書かれていて、その時間だけバーコード付きのチケットをかざすとゲートが開く自動システム。ドイツ一番の観光地も無人化で効率的。余計な説明がなくても、どこの国の人でも分かるような仕組みになっていてよく考えられているなーと感心します。でも日本なら、きっとここだけで5人は配置されていて、いらっしゃいませ〜とかやりそうですwどちらがいいかは分かりませんが、こんなところにもお国柄を感じます。

 

ここから、お城の内部はなんと撮影禁止!

木がふんだんに使われていて、手間隙かけて装飾されていますので、ドイツらしいお城なのだと思います。

ベルサイユ宮殿のような華美なものがお好みの方には 物足りないかも、、?!かも?

 

さてと。ミュンヘンに戻りますか〜

電車のトラブルで1時間ほど遅延して ミュンヘンに戻り 夜はビアガーデンへ。

 

Augustiner Keller

緑がいっぱいの気持ちがいい空間に5000席!の巨大ビアガーデン。サービスエリアとセルフサービスエリアで半分に分かれています。ひとりだとセルフサービスのほうが気楽です。19時でこの明るさ♪

 

ビールは1リットル!!!

お、重い、、、

前菜のきゅうり&チーズサラダとクスクスをいただきました。

平日ですが、時間が深くなるにつれてどんどん混んできて ほぼ満席。

最近日本のニュースでよく流れる「サマータイム導入のメリット映像」のような光景です、まさに。

 

ミュンヘンって、本当に緑が多くてビアガーデンもたくさんあって、市場も大きくて、お店もたくさんあって魅力的な街でした。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Bio Lab ビオラボ

はじめまして。ビオラボと申します。Bio=有機農差物、Lab=実験室という名のごとく、目の前の畑で収穫された有機栽培小麦や有機栽培菜種を絞った油を使った食パンと焼き菓子を試行錯誤しながら焼いています。

●営業日:日曜 11:00〜17:00 (売切次第終了:17時前に閉店となる場合はこちらのブログでお知らせします)

素朴で素材の良さをシンプルに感じられるパンや焼き菓子が好きです。でも、ストイックな健康志向は苦手・・・なワタシが美味しいと思えるものをお試しいただけましたら幸いです。 イタリアみたいにクッキーで朝食、なんていかがでしょうか♪その日のラインナップは随時更新していきます。

※当面は店頭販売のみとさせていただきます。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM